hair care

2012-12-06

薬事法について

化粧品とは‥‥?
体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布するもので、作用の緩和なものをいう。
いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。
日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、薬事法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は、日本・韓国等一部の国にのみあるもので、
多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品として販売されているものがある。

医薬品とは‥‥?
飲んだり(内服)塗ったり(外用)注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うためのものである。
医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。

医薬部外品とは‥‥?
日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。
人体に直接用いられるものだけでなく、例えばスプレー式殺虫剤のように噴霧したり、ホウ酸団子のように適当な場所に設置したりして使用するものも含まれる。
いわゆる薬用化粧品は、薬用効果(予防等の効果)をもつと謳われる化粧品類似の製品で、日本の薬事法においては化粧品ではなく医薬部外品にあたる。



化粧品と医薬部外品の違いは?
薬事法では人の身体に清潔・美化・魅力を増し、外貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために身体に使うものとされています。
『化粧品』は2001年以降、全成分の表示が義務づけられたので、どのような成分が含まれているかが明確に分かるようになりました。
医薬部外品は、薬事法で決まっているものとしては、パーマ液・浴用剤・薬用化粧品などがあります。
特に薬用化粧品では同じニキビ用でも化粧品と薬用化粧品などがありますが、これは薬剤の量と有効性の違いで別れているのです。
同じ作用のものでも、医薬部外品の方が薬剤の量も多く、有効性が高いと言われています。
しかし成分の公開がされていないので、自分のお肌に合うものを慎重に検討してください。

まいはしもと

2011-08-06

シリコーン

シリコンとは…

シリコン配合品の製品は、耐熱性・撥水性・潤滑性があります。
例えば、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤に含まれていることがあります。
ダメージもすぐにサラサラ、ツヤツヤに。
でもこれは、使い始めだけ…
次第にガサつき・ギラつき、ウエット時のきしみが起こります。

さらに、シリコンは皮膜性があるので、髪の毛がコーティングされ、カラーが染まりづらさや、ムラの原因、パーマのかかり具合が変わるなど、影響が出てきます。

髪の毛だけでなく、頭皮表面にシリコンが密着したりもします。
シリコンが頭皮表面に付着すると、次第に髪の毛は萎えていき、薄毛や脱毛の原因にもなります。
一般的なシリコン系合成ポリマーとしては、ジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン、コポリマー、シメチコン、ジフェニルジメチコン、ジメチコンコポリールなどがあります。
これらが配合されているシャンプーやトリートメント、スタイリング剤を使いつづけていると、シリコンの弊害が出てくるおそれがあります。

フクルルでは、シリコンによる、カラーやパーマをする時の影響を出来るだけ無くすため、各施術の前に、前処理としてシリコンリムーバーというものをさせていただく場合があります。

シリコンリムーバーとは…

シリコンは簡単に言うと油です。

例えばメイク落としの考え方は、油性の汚れは油性で落とすですが、髪の毛についたシリコン(油)も同様に、油で落とすという考え方をします。
そこで、シリコンリムーバーというものがあります。
効率よくシリコンを乳化して、髪の毛から除去する薬剤です。

この薬剤に含まれる油分は、シリコンのような弊害はなく、なおかつケラチンやコラーゲンといった、複合たんぱく質(毛髪に含まれる成分の一種)も含まれているので、カラーやパーマ前のトリートメントとしての効果もあります。

シリコンを落としつつ、トリートメントをすることができます。

尚、カラーやパーマ前にシリコンリムーバーを行う際は、出来るだけ、スムーズに施術が出来るよう心がけておりますが、通常のカラーやパーマの工程にかかるお時間の他、シリコンリムーバーの施術にかかる多少のお時間とお席の移動もありますので、ご了承ください。

詳しく、シリコンリムーバーの工程をお知りになりたい方へ…

①シャンプー台で髪の毛を全体的に濡らします。(シリコンリムーバーがよくなじむようにするため)

②シリコンリムーバーを全体的に塗布します。(塗布はセット面でカラーの塗布のように行います)

③塗布した薬剤をなじませます。(目の細かいコームでとかし、シリコンを削ぎ落としつつ、トリートメント成分を髪1本1本になじませる)

④塗布したシリコンリムーバーをシャンプー台にて洗い流します。
(シリコンを洗い流しつつトリートメント成分は残ります)

⑤セット面にて、カラーやパーマの工程に入ります。(尚、カラーの場合は髪の毛を乾かしてから行います。)

以上のような流れで、フクルルでは施術させていただいております。   

2011-04-10

抜け毛 Part 2

前回は、髪の毛の抜ける原因についておはなししましたが、今回は原因をもう少し細かく、おはなしさせていただきます。

・紫外線
紫外線は髪の毛の表面や頭皮にダメージを与えます。紫外線の浴びすぎはよくありません。
しかし太陽の光を浴びることで合成されるビタミンDも存在するので、一概に紫外線は良くないとも言い切れません。

・喫煙
たばこには、多種多様な有害物質が含まれています。例えば、ビタミンCを破壊したり、ニコチンによる血管収縮で血行が悪くなり、毛髪や毛根に必要な栄養素が行き渡らなくなります。

・睡眠不足
昼間起きている間に細胞の受けるダメージは、夜眠っている間に免疫細胞やホルモンが、分泌されることで修復されます。睡眠不足は髪の毛の成長を抑制することにつながります。

・偏った食生活
髪の毛の主な構成成分はタンパク質です。
そのため、タンパク質を始めミネラルやビタミンなどの栄養素を摂取し、バランスをとることが、必要です。
髪に良い栄養素は、白髪の回でもご紹介してあるので、ご参照ください。
過剰な脂肪の摂取は、過酸化脂質となり、毛穴を防ぐ原因にもなります。

・過度の飲酒
過度の飲酒で大量にアルコールを摂取すると肝臓に負担がかかります。
髪への栄養補給が行き届かなくなります。

・過度のストレス
過度のストレスを感じることで、自律神経のバランスがくずれ、血行が悪くなります。
最近の研究では、円形脱毛症のできる位置は、その場所にある、脳の機能を過剰に使っている可能性があるという話もあるようです。

・冷え性
冷え性による脱毛は、女性に多く、血行障害により髪への栄養が行き渡らなくために起こります。
・遺伝(男性ホルモン)男性ホルモンには、テストステロンとよばれる物質が含まれています。これは、髪の毛の成長を抑制する働きを持っています。そのため男性ホルモンの分泌量が多いと抜け毛や薄毛の原因に繋がります。
こうした男性ホルモンによる脱毛は遺伝とも言われています。

ちなみに女性の場合、妊娠中は女性ホルモンが、大量に分泌されるため、成長期の毛髪が増えます。
産後にホルモンの分泌が元に戻ると、増えた毛髪がいっせいに休止期に変化し、抜け毛が目立つようになります。
これは産後特有の生理現象で、個人差はありますが、半年程度でおさまります。

抜け毛の様々な原因を、説明してきましたが、基本的には、髪の毛のためにも健康な身体にするのが良いということです。
血行不良になる原因を止めて、食事による栄養素の偏りをなくし、十分に休息や睡眠をとることが、結果として髪にあらわてきます。

髪は健康のバロメーターです。

2011-04-09

抜け毛 Part 1

髪の毛にも、人間の人生のように、髪の一生があります。

個人差はありますが、頭髪は約10~15万本、その寿命は3~6年だと言われています。そして1日に50~100本ぐらいは抜けているのです。

髪のはえかわる周期は、

・成長を続ける成長期

・成長が止まって抜ける準備に入る退行期

・完全に成長が止まっている休止期

という、3つの周期を繰り返して髪ははえかわっています。

髪は1日に、0、35ミリ伸びると言われています。1ヶ月で約1センチ、1年で12センチぐらい伸びます。

さて、
最近、抜け毛が気になるという方は、原因が気になるのではないでしょうか。
では、抜け毛の原因をご紹介させていただきます。

・紫外線
・喫煙
・睡眠不足
・偏った食生活
・過度の飲酒
・過度のストレス
・冷え性
・遺伝(男性ホルモン)

こうした原因が考えられます。

遺伝は除いて、日常の生活面に問題があるのが、お分かりいただけるでしょうか?

みなさまの生活はいかがですか?

身体に良くない生活は髪にも良くない生活です。
髪の毛に、生活があらわれます。

つまり、髪の毛は健康のバロメーターです!!

抜け毛の気になる方は、まず、日頃の生活を見直してみてみるのも良いかと思います。

では、今回はここまで…
次回はもう少し、なぜこの原因により抜け毛になりやすくなるのか、対策はどうしたら良いのかについて、おはなしさせていただきます。

2011-04-07

シャンプー&トリートメントの仕方

シャンプーの仕方
シャンプーで一番大切なのは、濯ぎです。
シャンプー前の濯ぎを十二分にすることで80%の汚れを取ります(毎日シャンプーする方)。
従ってシャンプーでの汚れとりは、20%にすぎません。
シャンプー剤も少量ですみます(泡を地球に流すのも少量です、エコ的にも良いです)。
ゴシゴシシャンプーしないですみます(髪と髪の摩擦で痛ませない)
シャンプー後の濯ぎも十二分にしてください。
【注意点】
指の腹を使って根本を濯いだり洗うようにしてください。

トリートメントの仕方
髪の毛は、根本から生えてきますので根本につける必要がありません。
髪の長さの半分の位置から毛先につけます。
水分をきってから揉み込むように塗布してください。
各メーカーによってことなりますが水分補充しながらや時間を置いた方が効果がまします。
濯ぎすぎないように流してください。
【注意点】
塗布の際、頭皮や身体につかないようにする。
流しも頭皮や身体につかないように濯ぐ。
トリートメントを流してからボディーを洗ってください。
特に髪の長い方、背中につきやすいので要注意してください(背中ニキビになるという噂あります)。

もっと詳しく知りたい方⇨

2011-04-02

白髪 Part 2

対策をご紹介します。

白髪の予防や改善には、バランスの良い食生活、睡眠や休息が必要です。

【白髪に有効な栄養素】

・カルシウム
メラニン色素を作る色素細胞を活性化させます
(乳製品、小魚、大豆製品、ナッツ類、海藻類など)

・銅
メラニン色素が作られる時の成分
(豆類、種実類、えび・かに・いかなどの魚介類、牛レバーなど)

・亜鉛
髪の主原料であるアミノ酸の合成に不可欠
(牡蠣、和牛や豚のもも肉、豚レバー、うなぎの蒲焼き、納豆など)

・タンパク質
髪の本体です
(大豆、魚、肉、卵など)

これらの栄養素をとるように心がけ、十分な睡眠や休養をとるようにしてみてください。

髪は健康のバロメーターです。
体に良いことは髪にも良いことです。

皆さんは体に良いことをしていますか?

今回は白髪についてのおはなしでした。

お客様から白髪について疑問をいただき、今回調査させていただきました。

調査結果は、いつもお世話になっている美容ディーラーのウィズユーコーポレーションの北見さんに確認していただきました。

ありがとうございました。

2011-04-01

白髪 Part 1

髪の毛を作り出すのは、毛母細胞という細胞です。
毛母細胞から作り出される髪の毛は白い髪です。
つまり白髪です。

では、なぜ黒い髪の毛の人が日本人には多いのでしょう。

それは、髪の毛が毛母細胞によって作り出され、頭皮内で成長する間に、色素細胞(メラノサイト)という細胞で作られる、メラニン色素という色素が、毛髪内に取り込まれるからです。

しかし、さまざまな要因でこの色素細胞が少なくなったり、無くなったりすると、白髪になってしまうのです…

つまり、毛母細胞で髪の毛が作り出されても、色素細胞が働かなければ、髪の毛は白髪のまま、生えてくるのです。
白髪の仕組みはこういうことです。

では、原因はなんでしょう?

白髪になってしまう原因は、遺伝、加齢、生活環境、ストレス、病気・疾患が関係していると言われています。

【遺伝】
白髪に限らず、薄毛・脱毛症・禿など遺伝が影響すると言われています。ただし、詳しいことは未だ解明されてないのが現状です。

【加齢】
髪の毛の色を黒くする色素細胞(メラノサイト)の働きは、加齢によって鈍くなると考えられています。

【生活環境】
食事や睡眠などあらゆる生活習慣も白髪の原因と関係しています。

【ストレス】
体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、毛母細胞の働きが弱まります。このとき、白髪が増えるだけでなく、抜け毛が増えたりすることもあります。

【病気・疾患】
慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気で、急に白髪が増えることがあります。
また貧血気味の場合にも、白髪が増える傾向があります。

また、病気や疾患を治療するときに投薬をした場合、薬の影響が出ることもありえます。

例えば抗がん剤の投与で毛が抜けるとか白髪になる!というのはよく聞きますよね!?

脱毛する前の段階でメラニンが働かずに白髪に変色することが多々あります。

さて、原因の次は、対策を知りたくなるものです。

次回は、対策をご紹介させていただきます。