« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012-12-31

今年も一年ありがとうございました。

Img_1900

2013年1月1日(火)〜8日(火)お正月休みとさせていただきます。

来年もよろしくお願いいたします。  矢野コイチ

2012-12-30

えっmy163

Img_7734_2

2012-12-29

LAST@

クリスマスイブの日は、お店の床のワックスがけをしました。

少しずつ手分けしながら進めてきた大掃除が、無事余裕をもって終了してひと安心です。
お店がとても綺麗になりました。

床もピカピカです(^^)
チェリーの木の独特な質感が、またひと味増しました。

今回いただいたワインも、すごく美味しかったです。
矢野さん、ごちそうさまでした。

そして、これが私の今年最後のblogになると思いますので、、、
それではみなさん、良いお年をお迎え下さい☆

(^^)

まいはしもと


20121225_214710

2012-12-28

お正月お勧めDVD

My Dog Skip 2000年映画

Img_1910_2

2012-12-27

お知らせ

ホームページ更新いたしました。

Img_1911_5

                                                                                                            fukuluu.com


2012-12-26

えっmy162

Img_1866_4

2012-12-24

Happy Christmas ....Merry Christmas

Photo

                                                                              &
Photo_3                                                              ございます。
Img_1905_2

2012-12-23

Macが大活躍です。

FUKULULUに入って2ヶ月が過ぎました。

毎日、矢野さんやお客様との会話の中で、勉強になることがたくさんあります。

初めて聞いた言葉や、気になったことは、Macですぐに調べて自分の知識として身に付けるようにしています。

休日を使って、ゆっくり調べものや勉強をするのも、充実した時間を過ごせるので私は好きです。

最近、矢野さんがMacに英会話のソフトなども入れてくださったので、時間はかかると思いますが、いつかは話せるようになりたいなと思っています。

覚えることがたくさんありますが、将来の為にも、地道に頑張りたいと思います(^^)

まいはしもと


20121218_180851

2012-12-22

英国王室御用達

Img_1908

Img_1907_3

2012-12-20

えっmy161

----
ぎゃー


Img_5135

2012-12-19

蛇年

先日、お店の大掃除をしていたら、ちょうど12年前の年賀状が出てきました。

10年以上たった今でも昔っぽさを感じない、個性的なのにスタイリッシュなこのヘアスタイル。
さすが矢野さんです。

今年はまた少し違った、親近感あふれる芸術的な年賀状が出来上がりました。
みなさん楽しみにしていて下さいね。

まいはしもと

20121214_070257_2


2012-12-16

Moustache Wax

The Gentleman's Stiffener


Img_1891

2012-12-14

えっmy160

Img_9871

2012-12-13

SERGE LUTENS...

フランスのアーティスト"SERGE LUTENS"
近くで見れば見る程引き込まれていく、彼の作品。

この知的な美意識はどうしたら身につくのか、、、
今後の私の課題です。

私も、このくらい繊細で美しいヘアスタイルをつくりたいです。

まいはしもと


20121213_105256


2012-12-12

Cote&Ciel

Img_1857

Cote&Cielは、パリコレクションで人気のブランド「Damir Doma」をプロデュースするファッション産業界で有数の服飾メーカー、Papar Rain / cosmobrandlab がデザインする iPhone / iPod / MacBook用アクセサリー製品のハイエンドブランドです。Apple、BMW、Paul Frank、FIFAなど業界屈指の企業団体をクライアントに持ち、世界トップレベルの製品を開発、生産を行なっています。パリ、ミュンヘン、ニューヨーク、スイス、オーストリア、デンマーク、ロサンゼルス、香港にオフィスを構え、毎年傑出した製品を発表していす。

2012-12-10

うつくしい。

前回は、たまにがんばるお料理のおはなしでした。
 
今回は、ふと見つけた、こんなもの。。。
 
美しさとは、こういうとこにも、あらわれるのですね、、、
Ajdatvycqaabvcm_3
フクルルに来てから、矢野さんには、姿勢や普段の立ち居振る舞い、美しさとは、そういうところにも現れると教えていただいてましたが、
 
 
まさかこんなところに、矢野さんがいるとは。
 
いえ、このポスターは、けっして、矢野さんではありませんが、←
 
 
見た目だけでなく、心がけも、美しくですね。
 
 
というわけで今回はこれにて。
 
 
西田りえ

2012-12-09

えっmy159

Img_0870

2012-12-08

HAPPY...☆

先日、emmyさんがお店の鍵を忘れてしまい、私が自分の鍵を貸した時のことです。

次の日の朝emmyさんは、鍵を丁寧に封筒に入れて返してくれました。
しかもメッセージつきで。

朝から、なんだか嬉しい気持ちになりました。

そして、こういうことを自然にできる、emmyさんのようになりたいです。

まいはしもと


20121129_083052

2012-12-07

BOTANY取扱い始めました。

植物の生命力と植物の英知から生まれた、年齢にとらわれない「エイジレスビューティ」を導くオーガニックコスメ。
BOTANYは、南アフリカの豊かな大地で育ったパワフルな植物の力を、絶妙なバランスで配合しています。植物の力をまっすぐに「実感できる」コスメなのです。

「美肌」を導く3つのポイント
  *整える*
洗顔から保湿までのステップで、肌を弱酸性に整えることを目指しています。肌を弱酸性にキープすることが、肌の抵抗力や栄養の浸透率を高め、なめらかな肌へ導いてくれるのです。
  *与える*
アフリカ南部に自生する植物はエイジングケアに効果的といわれている必須脂肪酸やビタミンを豊富に含んでいて、肌に必要な栄養を与えます。
  *まもる*
栄養が行き渡った状態の肌は皮脂層をつくって保湿やバリア機能を高めたり、皮膚にじょうざいかする菌が外部からの有害菌の侵入を防いでくれます。

BOTANYが目指すのは、肌本来のサイクルを整え、健やかな肌を保つことにあります。

BOTANY's philosophy
1.保湿成分から防腐成分に至るまでBOTANYの商品はすべて動物油由来成分フリー。合成保存料、着色料、香料、鉱物油も一切使用さていません。
2.ひとつひとつの植物に宿る力が最大に発揮されるように調合しています。
3.世界最大のオーガニック製品認証団体「ECOCERT」の認証を取得。


アフリカ南部の大自然の中で生き抜いてきた植物のパワーを、現代に生きる女性たちへ…

20121128_1806491_2

2012-12-06

薬事法について

化粧品とは‥‥?
体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布するもので、作用の緩和なものをいう。
いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。
日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、薬事法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は、日本・韓国等一部の国にのみあるもので、
多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品として販売されているものがある。

医薬品とは‥‥?
飲んだり(内服)塗ったり(外用)注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うためのものである。
医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。

医薬部外品とは‥‥?
日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。
人体に直接用いられるものだけでなく、例えばスプレー式殺虫剤のように噴霧したり、ホウ酸団子のように適当な場所に設置したりして使用するものも含まれる。
いわゆる薬用化粧品は、薬用効果(予防等の効果)をもつと謳われる化粧品類似の製品で、日本の薬事法においては化粧品ではなく医薬部外品にあたる。



化粧品と医薬部外品の違いは?
薬事法では人の身体に清潔・美化・魅力を増し、外貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために身体に使うものとされています。
『化粧品』は2001年以降、全成分の表示が義務づけられたので、どのような成分が含まれているかが明確に分かるようになりました。
医薬部外品は、薬事法で決まっているものとしては、パーマ液・浴用剤・薬用化粧品などがあります。
特に薬用化粧品では同じニキビ用でも化粧品と薬用化粧品などがありますが、これは薬剤の量と有効性の違いで別れているのです。
同じ作用のものでも、医薬部外品の方が薬剤の量も多く、有効性が高いと言われています。
しかし成分の公開がされていないので、自分のお肌に合うものを慎重に検討してください。

まいはしもと

2012-12-03

December

Img_1875

2012-12-02

こんなんできました。

前回は、ある意味、華麗なる日々ということで、カレーの写真を載せるという、暴挙に出ましたが、さて今回は。。。


またまた食べ物で、ひっぱろうと思います。

いよいよ、今年も、あと1ヵ月。

そして、寒くなってくると食べたくなるのが、暖かい食べ物。

日頃、毎日料理をするわけではないのですが、たまに頑張って、保存食を作ろう!と思って、よく作るのが、グリーンカレーだったり、シチューだったり。。。

冬をまえにして、友達がやたらと、シチュー食べたいと言っていた時期、伝染病のようにわたしもそれが伝染してしまい、真夜中に急遽シチューが食べたくなり、、、

シチューらしきものをつくりました。

しかしながら、私の部屋のキッチンは狭い狭い。まな板すらマトモにおけません。

ガスでもIHでも無い、まるで蚊取り線香!?のような見た目の、火力の乏しい熱源に頼るしかないような、料理をするには、不向きなキッチン。

そして、家にはホワイトソースを作るための小麦粉やバターなどは無く。

市販のルーも、常備しているわけも無く。

というわけで、冷蔵庫にあった野菜とベーコンと豆乳を、まさに投入し、シチューもどきを作ってみました。
とろみは片栗粉に頼ってみました。


肝心の仕上がりは、、、案外イケる!

小分けに冷凍して、別日には、いただきもののパスタをいれて、食べてみました。

というわけで、料理好きではありませんが、料理中は、料理以外に、他のことを考えなくていいし、段取りよくしないと、せっまいキッチンでは、大惨事が起こるので、料理をすることにより、頭を回転をさせる運動にもなっていたり。

というわけで、気が向いたときに、ちょっと気合いを入れてお料理作りに、はげんでおります。

最近寒くなってきたので、またシチュー食べたい病。

そして冬といえば鍋シーズン。

寒いからこそ、恋しくなる、あったかさ。

鍋の暖かさと、友達との楽しいひとときの暖かさをもとめ、友達を招いて鍋パーティーなども、また開催したいなぁとおもってます。

では、今回はこれにて。

西田りえ


20121011214217
20121012225504_2
20121013121645

2012-12-01

えっmy158

Img_4451emmy

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »