« えっmy128 | トップページ | anna karina »

2012-07-07

短冊のなぞ。

前回は、スカイツリーを初めて見たおはなしでした。

今日は、7月7日、七夕のおはなし。

先日、初めて築地に行ってきました。なぜ築地に行ったか、というおはなしはまた今度。。

築地から、銀座まで歩いて、銀座をブラブラ歩いていると、お店のディスプレイなどに、七夕に向けての笹と短冊が飾ってありました。

いろんな人の、願い事が書いてありました。

そもそも、何で、七夕に短冊に願い事を書くのだろう…

と思い、調べてみました。

文字習得が盛んになった江戸時代から始まった習慣。

元々は、里芋の葉っぱに溜まった露を集め、その露で磨った墨で願い事を書くと、文字の習得が上達すると言われたのが、はじまり。

その後、短冊や色紙に願い事を書き、笹に吊すようになった。


なるほど、元々は、文字の上達を願ったものだったのか。。。

とは言え、銀座に飾ってあった短冊には、文字の上達を願うものは、一つも無く、、、

来年も一緒にいられますように。

とかカップルで書いたと思われる内容が、多かったり。

そんな中、私がすごーく気になったのは、


ニュータイプになれますように。

と書いた短冊。

もしかしたら、分かる人には分かる?

ニュータイプ!?

ニュータイプと言えば、ま、まさかガンダム?

ガンダム(笑)

その短冊を書いた人物が何者なのか、ものすごく気になりつつ、友達とニュータイプの短冊の謎について、話をしながら、しばし銀座を楽しみつつ、帰りました。

ということで今回は、七夕の短冊のおはなしでした。

私は、おねがいしたい事がいっぱいありすぎて、短冊がいくつあっても足りません。

来年は、一つでも多く、叶えられるといいなと思います。

西田りえ

« えっmy128 | トップページ | anna karina »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短冊のなぞ。:

« えっmy128 | トップページ | anna karina »